メンテナンス相場

腕時計

高級時計、とりわけ日本で人気の高いロレックスは定期的にメンテナンスに出すことが必要です。長く使い続けているうちに調整が必要な個所がでてきたり、消耗品の交換が必要になるからです。 その理由から、数年ごとにオーバーホールに出して、細かい部分まで入念にチェックしてもらい、必要な調整や部品交換をしてもらうことが勧められます。 ロレックス正規店はもちろん、ロレックスのオーバーホールを専門で行っている修理店や特に高級時計を扱っている修理専門店などに依頼することができます。 オーバーホールにかかる費用は、作業内容によって変わります。部品が必要になる場合も考えることから、決まった価格はありません。 一般的な相場としては、手巻きで2万円から4万円、デイデイト、サブマリーナタイプで2.5万円から5万円、クロノグラフタイプで3万円から6万円程度でしょう。

ロレックスは時計でありながら、特別な存在だと思われています。個人の好みやステータスを表す手段であり、また資産価値という見方をする人もいます。 そのような存在であるからこそ、日ごろの手入れが重要であり、また定期的なメンテナンスやオーバーホールが大切になってきます。 経済発展を続ける途上国を中心に全体的な需要の増加が続いていることから、人気モデルの価格が上昇傾向にあります。希少価値のあるモデルの場合は、特にその傾向が顕著です。一部の市場では投機対象にもなっているようです。 このように沸騰するロレックス市場において、新品、中古を問わず、メンテナンスやオーバーホールの需要も高まり、その平均的価格が今後上向き傾向で推移していくことが予想されています。